保育士を諦めたくないなら転職サイトで職場を見てみよう

男女
  1. ホーム
  2. 面接が鍵を握る

面接が鍵を握る

保育士

印象アップするには

保育士として採用されるためには、保育園の面接を受けねばなりません。保育士は基本的に人手不足なので、求人募集は多く、条件があえば採用される確率は高いです。ですが、待遇がよく人気の園ではやはり競争率も高くなっているためコツをつかまねばなりません。採用されるためには面接をどう進めるかが大きなポイントとなります。面接のときに見られているのは応募者の経歴と人柄です。経歴でいうと、どのような学校を出て、これまでどのようにして働いてきたかが見られています。経験が豊富な場合はやはり採用の大きな動機付けになります。経験がない場合や新卒の場合は今後の熱意を語ることが重要です。転職を繰り返している場合や、他業種から保育士に転職してくる場合は、なぜそのような判断をしてきたのかをきちんと説明できるようになっている必要があります。転職を繰り返すのは、すぐ辞めるかもというイメージで見られる可能性が高いため、転職の必要性やキャリアプランについて説明できる必要があります。人柄については、コミュニケーション能力や雰囲気が園と合うかなどを見られています。コミュニケーション能力は保育士にかかせないスキルです。明るい表情と笑顔を意識し、質問には簡潔にわかりやすく答えることを意識しましょう。また、園と合うかどうかという感覚的なポイントも意外と重視されています。これは面接官にもよるので対策は難しいのですが、好印象を残すことでその他の点で落とされるリスクを減らすことは可能です。