保育士を諦めたくないなら転職サイトで職場を見てみよう

文房具と眼鏡

大学生におすすめ

勉強

家庭教師は、大学生が選択できるバイトの中ではトップクラスで時給が高いので、大学生におすすめです。指導する学年や強化を選べば高学歴でなくてもできますし、飲食店と違って、郊外でも高い時給をもらうことができます。

院内保育園で働くメリット

保育園

子供とじっくり向き合える

保育士として働いている方は全国に沢山いますが、年収や待遇の不満によって転職される方も大勢いらっしゃいます。新しい職場を探して転職サイトをチェックされている方は、院内保育士に注目してみて下さい。院内保育士とは病院内や近郊に設置されている保育園で働く保育士の事を指し、医師や看護師、医療スタッフの子供を預かって保育する事が目的となります。一般的な保育園と違い、各クラスに分かれるという事が無く、対象となる子供の数も少ないのが特徴です。その為、一人の子供とじっくり向き合う事ができ、同時に親御さんとのコミュニケーションも取りやすくなります。しかし、医療関係の方々に合わせたシフト制になるので変動する事が多く、24時間365日対応している保育園が殆どです。他の保育園と違い、年収が高く待遇も良いとされている所が多いので、転職サイトで募集がある際は多くの方が応募する人気求人でもあります。転職サイトに掲載された時にすぐ飛びつくのでは無く、分からない点や不安に感じている点をハッキリさせてから応募しましょう。転職サイトは探すと多くのサイトを見つける事が出来ます。中には転職エージェントが在籍しており、相談が出来る所もあるので利用されると良いでしょう。同時に院内保育士として働きたい旨を伝える事で、条件に合わせた求人を集めてくれます。時間があまり取れない、と言う方もメールや電話で相談できる転職サイトもあるので色々探しておくと良いでしょう。

保育士

面接が鍵を握る

保育士は人手不足のため条件があえば採用される確率は高いですが、人気の園だと競争率も高いです。面接官は人柄と経歴を見ているのでそれぞれをきちんと説明できることが大切です。明るい笑顔とわかりやすい説明を心がけると良いでしょう。

学生

講師として働く時の要点

塾の仕事を選択する際には勤務地や給与を重視するだけではなく、指導法をトレーニングしてくれる場所や生徒の指導を通じて対人スキルが磨ける場所を選択する事が重要です。塾講師を経験する事で将来的に役立つ能力を身に付けることが出来ます。